脱毛の種類(メリット・デメリットも図解で解説)

脱毛

脱毛の種類(メリット・デメリットも図解で解説)

世の中に脱毛と呼べる方法は大きく分けて3種類に分類されます。
それは「レーザー脱毛」「光脱毛」「ニードル脱毛」です。
以下ご参考ください。

レーザー脱毛(医療脱毛)

レーザー脱毛は医療機器に分類され、永久脱毛が可能な脱毛方法です。
医師在住のクリニックのみに導入が許可されており、許容された出力も高く効果が高い傾向にあります。
脱毛機によっては痛みが出やすい場合もありますが、医療機関ならではの麻酔クリームを使用できるため、痛みを気にせずに行える傾向にあります。
レーザー脱毛は一昔前までは価格も高く、敷居が高い脱毛方法とされてきましたが、最近では脱毛サロンと比較しても価格帯もそこまで変わらない傾向にあり、多くの皆様が選択される脱毛方法となっています。

メリット
  • 高出力で効果的
  • 永久脱毛が可能
  • 医師のアフターケアが受けられる
  • 価格帯もリーズナブルになってきている

 

デメリット
  • 痛みが気になる場合がある
  • 脱毛クリニックはサロンに比べて少ない

光脱毛(フラッシュ脱毛)

光脱毛は美容機器に該当するため、医師がいなくても使用する事が可能です。
そのため、全国的にも数が多くあらゆる地域で導入しているお店を見つける事が出来ます。
しかしその反面、価格共同が激しく、価格表記が難解になっているケースがあり、HPとも価格差に混乱してしまう事もあります。
また美容機器であるため、医療機器と比較すると出力は低いため、痛みはほとんどない傾向にあり、痛みが苦手な方にはおすすめです。
しかし、永久脱毛を行う事は出来ない場合が多いため、一時的に毛を減らしたい方には特におすすめです。

メリット
  • 痛みが少ない
  • 導入しているお店が多い

 

デメリット
  • 美容機器であるため、出力が医療機器と比較すると低い
  • 永久脱毛ではなく、減毛である場合が多い
  • 医師がいないため、肌トラブルに対応できない
  • 価格表記が難解な場合が多い

ニードル脱毛(針脱毛)

歴史的には最も古い脱毛方法です。
ニードル脱毛の最大のポイントは、その日に毛を取る事が出来る点です。
また、レーザー脱毛や光脱毛では対応できない白髪も脱毛する事が出来ます。
ニードル脱毛は細い針を毛穴に刺して1本1本毛を抜いていくため、確実ですが時間が掛かります。
また、痛みが比較的強いため、広範囲を行うには向いていない方法かと思います。

メリット
  • 永久脱毛が可能
  • その日で毛が抜ける
  • 白髪にも対応できる
  • 根強い毛も脱毛出来る

 

デメリット
  • 痛みが強い
  • 毛穴単位で施術するため、広範囲には不向き
  • 価格が高い場合がある
  • 施術できるところが少ない

以上が脱毛方法の種類です。また番外偏として家庭用脱毛器もございますが、家庭用脱毛器に関してはこちらをご参考ください

脱毛の種類まとめ

以下に脱毛方法の種類をまとめております。

レーザー脱毛 光脱毛 ニードル脱毛 家庭用脱毛
効果
痛み
医師
価格
永久脱毛

当院は医療レーザー脱毛の専門院です。
現在脱毛をご検討されている方は、無料カウンセリングも行っておりますのでお気軽にご相談ください。

この記事の監修情報

VIVACE CLINIC

当院は医療レーザー脱毛専門院です。脱毛に関しての基礎知識をまとめておりますので、現在医療脱毛をお考えの方はご参考ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

地域別情報ページ