赤いぶつぶつ、それは「毛嚢炎」かもしれません。対処法はあるの?

脱毛

赤いぶつぶつ、それは「毛嚢炎」かもしれません。対処法はあるの?

毛嚢炎とは?

毛嚢炎または毛包炎は赤いぶつぶつの見た目から一見ニキビのように見えますが、厳密に言うとニキビではありません。
ニキビは毛嚢炎も含めて広範囲の症状を総称してそのように呼びます。
その中で毛嚢炎は白い膿が毛穴に詰まっている状態を指します。

毛嚢炎が発生し易い場所

発生し易い箇所は性別によっても異なります。
男性の場合はヒゲ剃り後に発症し易い傾向にあります。
髭は女性の毛とは違い、しっかりとしているため、ヒゲ剃りの際にお肌への負荷が大きくなります。
またカミソリなどを不衛生に管理していると、菌が毛包部分に作用し毛嚢炎が生じてしまいます。

またヒゲ脱毛を行うと、ヒゲのメラニン含有量が豊富であるため、毛包へのダメージも大きくなりやすく、外内部からのダメージにより毛嚢炎が生じやすくなります。
症状としてはお肌に赤味が生じ、痒みや痛みを感じると思います。

女性の場合は人気部位であるVIOに毛嚢炎が生じ易い傾向にあります。
原理としては男性と同じく、他の部位と比較しVIOは毛量が多く、毛質が太いため、自己処理による刺激や菌の作用、または脱毛による刺激により毛嚢炎が生じ易い傾向にあります。

脱毛により毛嚢炎は改善できる

医療レーザー脱毛を行う事で角質層が乱れ、お肌が乾燥します。
乾燥したお肌は抵抗力が低下するため、肌荒れの原因となります。
このような環境の場合、毛嚢炎も生じ易くなりますが、一般的にはお肌への自己処理によるケースが多いです。
男性であれば、特にご経験があると思いますが、ヒゲ剃りを行う際、剃刀負けした部分に白いニキビのようなものが出来た覚えはないでしょうか?ヒゲ剃りにより肌荒れを生じると、中々治らずに症状が悪化してしまいお困りの方も多いと思います。
ヒゲ剃りが難しいと判断された方は脱毛を行う事で、ヒゲ剃り回数が減少し、お肌の表面性状が安定した方も多くいると思います。
医療レーザー脱毛により毛嚢炎が生じてしまう可能性もありますが、脱毛する事により自己処理が減少し、改善したケースが多いため、毛嚢炎を改善する手段として脱毛が得策だと言えます。

毛嚢炎をリスクを考慮し医療脱毛を推奨

脱毛はお肌へ熱を加えます。
お肌を綺麗にする半面、脱毛過程で肌トラブルは稀に生じてしまうものです。
脱毛は完了しても、お肌の状態が悪い場合、理想とはかけ離れた仕上がりとなってしまいます。
お肌を綺麗な状態にする事を目的として、脱毛前よりも気になる状態となってしまっては本末転倒となってしまいます。
そのリスクを避けるため、脱毛をされる際は医療脱毛を推奨しております。
現在では脱毛サロンも増加しておりますが、医療脱毛との大きな違いは医師が在住しているかどうかという点です。
肌トラブルが生じた場合、早めの対応が求められます。
医療脱毛であればすぐに医師の診察が受けられ、ケアも出来るため、安全且つ安心して理想のお肌を作り上げていくことが可能です。

現在毛嚢炎でお悩みの方は無料カウンセリングも行っておりますので、一度ご相談ください。

この記事の監修情報

VIVACE CLINIC

当院は医療レーザー脱毛専門院です。脱毛に関しての基礎知識をまとめておりますので、現在医療脱毛をお考えの方はご参考ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

地域別情報ページ