40代から始める医療で介護脱毛

脱毛

介護脱毛

40代から始める介護脱毛

介護脱毛とは?

介護脱毛とは、将来介護を受ける事を想定し、介護者に負担とならないようにデリケートゾーン(VIO)を脱毛する事を指します。
未来の自身を想像する事は難しいとは思いますが「美意識」や「清潔感の向上」を目的として脱毛を始め、結果、介護脱毛に備えている方も少なくありません。。2019年時点で75歳以上の高齢者総人口は1849万人(内閣府HP参照)、その内介護や支援を必要としている人は669万人(生命保険文化センターHP参照)となっており、高齢者の約35%が介護や支援を必要しとしている事になります。この事から、将来10人に3人の割合で介護が必要になると現時点で予想できます。そのため、決して他人事ではないと感じられる方々から介護脱毛のご相談を頂く機会が年々増加傾向にあります。では介護脱毛を行う事で具体的にどのようなメリットがあるのか考えてみます。

我が国の総人口は、令和元(2019)年10月1日現在、1億2,617万人となっている。

65歳以上人口は、3,589万人となり、総人口に占める割合(高齢化率)も28.4%となった。

65歳以上人口を男女別に見ると、男性は1,560万人、女性は2,029万人で、性比(女性人口100人に対する男性人口)は76.9であり、男性対女性の比は約3対4となっている。

65歳以上人口のうち、「65~74歳人口」は1,740万人(男性831万人、女性908万人)で総人口に占める割合は13.8%となっている。また、「75歳以上人口」は1,849万人(男性729万人、女性1,120万人)で、総人口に占める割合は14.7%であり、65~74歳人口を上回っている。

引用:内閣府HPより https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2020/html/zenbun/s1_1_1.html

介護や支援を必要としている人はどのくらいいるのでしょうか。厚生労働省によると、2019年度の要介護(要支援)認定者数は約669万人となり、前年度に比べ約1.6%の増加となっています。公的介護保険制度がスタートした2000年度と比べると、認定者数は約2.6倍に増えています。

認定者を年齢別にみると、40~64歳の第2号被保険者が約12.8万人、65歳以上の第1号被保険者のうち65~74歳の人が約72.7万人、75歳以上の人が約583.3万人となっており、75歳以上の人が全体の約87%を占めています。

引用:生命保険文化センターHPより https://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/1119.html

介護脱毛のメリット

陰部の痒み等トラブル軽減

普段見えない部分であるため、気にされていない方も多いかもしれませんが、Oライン周りにはほとんどの方に毛が生えています。
Oライン周りに毛があると、排泄の際、綺麗に拭き取ったつもりでも皮膚や毛に排泄が残ってしまう傾向にあります。
脱毛を行う事で、Oライン周りを清潔に保てるため、痒み等の肌トラブルを回避できます。

においを軽減できる

デリケートゾーンは蒸れやすく、不衛生になりやすい部分です。
その為、毛があるとにおいが滞留し易くなります。
デリケートゾーン周りを綺麗に脱毛する事でデリケートゾーン特有のにおいを軽減出来ます。

介護でのストレスが軽減

介護はする側はもちろん、される側にも大きなストレスがあるものです。
特に排泄などは重労働であり、お互いに負担を感じる事だと思います。
その為、デリケートゾーンを綺麗に脱毛する事で、ストレスを軽減する事が出来ます。

介護脱毛のポイント

白髪の毛は脱毛できない

介護脱毛を早くから意識して始められる方の理由として、「白髪が生えてきたから」という方は少なくありません。
脱毛にはレーザーを使用しますが、レーザー脱毛の特性上、白い毛には反応しないため、毛が黒い状態で始める必要があります。
最近では脱毛のメカニズムもご理解されている方も多くなっていますが、現在介護脱毛をお考えの方は、白髪になる前に脱毛する事をおすすめ致します。

介護脱毛は医療脱毛がおすすめ

デリケートゾーンは他の部位と比較しても色素が濃く、施術する際には最新の注意を払う必要があります。
世の中に脱毛方法は多々ございますが、安全面を考慮した場合「医療脱毛」を選択する事が好ましいと言えます。
医師が在住している脱毛方法は「医療脱毛」のみであるため、何かあった場合でもすぐに対処する事が可能です。
安心して介護脱毛を行って頂くために、脱毛方法も慎重に選ばれる必要があるかと思います。

この記事の監修情報

VIVACE CLINIC

当院は医療レーザー脱毛専門院です。脱毛に関しての基礎知識をまとめておりますので、現在医療脱毛をお考えの方はご参考ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

地域別情報ページ