ヒゲ脱毛はなぜ若いうちに済ませることが大切なのか?

メンズ脱毛 脱毛

若いうちに脱毛

 この記事を読んでくださっている男性の中で、ヒゲ脱毛を経験、もしくは通っている、すでに脱毛が完了している方はいらっしゃいますでしょうか?
 実際にヒゲ脱毛が完了してみると、脱毛することのメリットに驚かれているのではないでしょうか?
 脱毛に通い始めた年齢はみなさんそれぞれだと思いますが、当院ではヒゲ脱毛はなるべく若いうち(ヒゲの毛量がある程度落ち着く10代から20代頃)にスタート、もしくは完了していた方が、メリットとしては大きのではないかと考えております。
 今回はその理由について、詳しくお話ししていきますので、これからヒゲ脱毛をお考えの方はぜひご参考くださいませ。

若いうちにヒゲ脱毛を済ませた方がいい【3つ】の理由

 「ヒゲの脱毛をしたい」と思う瞬間やタイミングは人それぞれかと思いますが、それではなぜ若いうちの行っておくことが大切なのでしょうか?
 その理由を以下にご紹介していきます。

白毛に置き換わると脱毛ができない

 医療脱毛、光脱毛などのレーザーやフラッシュを用いるタイプの脱毛においては、皆様ご存知の方が多いように、「黒い毛」にしか反応することができません。
 それは、レーザーや光が黒い色素である「メラニン」にしか反応することができないからです。
なので、白毛はもちろん、海外の方のように金髪のような毛や茶色い毛にも反応させることが難しく脱毛効果が得られないことになります。
 一般男性の場合、早い方で30代半ば頃に差し掛かるとヒゲも黒色から白毛に置き換わってくる方がいらっしゃいますが、そうなってしまうとレーザーや光の方式では白毛部分の脱毛が不可となってしまいます。
 (※ニードル脱毛と呼ばれる、毛の色に関係なく脱毛処理できる方法がありますが、処理する本数によっては高額になったり、施術者の技量不足により再び生えてきてしまったりする傾向にある為、当院では医療レーザー脱毛をお勧めしています。)

時間を大きく短縮できる

 2つ目の理由としては、「時間を大きく短縮できる」です。
 皆さんは1回の髭剃りにどのくらいの時間を使っているでしょうか?
 電気シェーバーやカミソリなど、その方法によって多少変わるかもしれませんが、1回の髭剃りにかかる時間はおおよそ5分程度かと思われます。
 これを毎日行なっている方の場合ですと、5分×365日で、1年間に換算しますとなんと約【1,825分】、時間に変換すると、約【30時間】もヒゲを剃り続けている計算になります。
 この時間を皆さんはどう思われますでしょうか?
 ヒゲ脱毛をしっかり完了させてしまうと、ほとんど毛が生えてこなくなりますので、当然自己処理にかかる時間はほぼ必要なくなってしまいます。
 上記で算出しました30時間が大幅に短縮され、他にやりたいことなどに、有意義に時間を使うことが可能になるのです。

結果的に費用が抑えられる

 3つ目の理由としては「結果的に費用が抑えられる」ということです。
 ヒゲの脱毛料金に関しては、各クリニック、サロンで料金設定に違いがありますし、どういった仕上がりの状態が良いか(ツルツルにしたい、ヒゲがある程度残っていても髭剃りが少しでも楽になれば良い)、またヒゲ自体の強度や肌の状態など様々な要因で、最終的なご料金は変動し、高額に思えてしまうケースもあるかもしれません。
 しかし、生涯髭剃りを続けた場合(約60年)にかかる、備品の費用(カミソリや電動シェーバー代、クリーム代など)は約50万円程になると言われています。
 ヒゲの脱毛は、全国平均の相場が約10万円から20万円(コースやプランによります)だということを考えると、剃毛を続ける場合と脱毛する場合でかかる費用の差は圧倒的に脱毛をした場合の方がお安くなります。

ヒゲの脱毛はなるべく早めがおすすめ

 上記でご説明してきましたように、「白毛」、「時間」、「費用」の観点から見ますとやはりなるべく若いうちから脱毛をして頂ける方がメリットが大きいことがお分かり頂けたかと思います。
 どうしようかと迷っているうちに、年齢を重ねて脱毛ができにくい状態になってしまうともったいないと思われますので、悩まれたらまずはカウンセリングだけでも行かれることをおすすめいたします。

この記事の監修情報

VIVACE CLINIC

当院は医療レーザー脱毛専門院です。脱毛に関しての基礎知識をまとめておりますので、現在医療脱毛をお考えの方はご参考ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

地域別情報ページ