女性の間で今話題の【妊活脱毛】医療機関が徹底解説!

脱毛

妊活と脱毛

現在、妊娠・出産に向けて、アンダーヘアー(VIO)のお手入れをする【妊活脱毛】をする方が増えています。
妊活脱毛を選ばれる理由としては、<出産時に分娩台での恥ずかしさ>・<臭い>などを考慮して妊娠する前にアンダーヘアーを整えておきたいとの意見があります。
そして「なぜ妊娠前に脱毛をしていた方がいいのか?」も、併せて詳しく解説していきます。

妊娠した女性の体について

妊娠したら、毛が濃くなった!と聞いた事はありませんか?
これは、妊娠しホルモンバランスが変化する事によって引き起こされる現象の1つです。
また、妊娠中は他にもさまざまな変化が起きてきます。

  1. 新陳代謝が良くなり、汗をかきやすくなる
  2. 毛が濃くなる
  3. シミやソバカスが増える
  4. ニキビが出来やすくなる
  5. 肌が敏感になりやすい

などが挙げられます。

妊娠してからの脱毛はOK?

これはよく頂くご質問なのですが、答えとしては「NO」です。
なぜ妊娠中はレーザー脱毛が受けられないかというと、妊娠中のホルモンバランス、体型の変化に伴うリスクが関係してきます。

  1. 体毛が太くなる(硬毛化)のリスク
  2. 同じ姿勢を続ける際の身体への負担
  3. つわりによっては気分不良を起こす。
  4. 脱毛効果が薄れる

この4つ以外でも、妊娠中は妊婦さんが使用できる薬には、胎児への影響も考えて、限りがあります。
そんな中で、もし万が一照射時に肌トラブルが起きた際に薬が使用できない場合は、その部位が完治するまでにかなりの時間がかかるのと、その間苦痛が伴う事にもなります。
そのため、妊娠中には施術をお断りさせて頂いています。

妊活脱毛をしておくメリットについて

事前にVIOを綺麗にしておくことで、以下のようなメリットがあります。

出産後の負担を軽減できる

妊娠して出産を終えると、子宮が前の状態に戻ろうとして、子宮内に混ざっている分泌物などを排出しようとするのですが、これを【悪露】と言います。
血量や出血する期間に関しては個人差がありますが、基本的に1か月ほど続くと思った方がいいでしょう。
この期間は、生理時と同様にナプキンを取り換え清潔を保たねばなりません。
ですが、出産後は肌が敏感肌になっており、蒸れや拭き取る際の摩擦で<かぶれ>や<痒み>を起こしやすくなっています。
そこで、妊活脱毛を妊娠前に済ませておけば、長時間のナプキン着用時の菌の増殖や肌トラブルのリスクを軽減する事に繋がってきます。
また、臭いやかぶれも防ぐことができ、出産後も快適に過ごせるようになります。

レーザー脱毛は子宮に影響を及ぼさない

妊活中の方は、レーザー脱毛を受ける事で、何かしらの影響が子宮にあるのではないかと不安に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、妊娠前の脱毛が身体に影響を与えるは無いですので、安心して施術を受けて頂いて大丈夫です。

途中で妊娠が分かった時にはどうすればいいの?

レーザー脱毛では、施術1回で毛が無くなる訳ではなく、数回通って頂く必要がございます。
また、その方の目指す脱毛後の自分に合わせて、納得いくまで施術を受けられる可能性もあります。
そんな中で、コースの途中で妊娠が発覚した・可能性がある際にはどうすればいいの?と疑問を持たれている方もいらっしゃると思います。
すでに上記で解説した通り、妊娠中は脱毛施術をお休みして頂く必要がありますので、妊娠が分かった時点で当院の方へご連絡頂ければと思います。
その際には、脱毛の有効期限延長申請が可能となっておりますので、ご安心下さい。

将来妊活を考えられている方は、妊活脱毛のご検討を

妊活脱毛において、出産後にもメリットがたくさんでしたね!
Vゾーンのデザイン等に関しましても、当院のスタッフにご相談いただければ、アドバイスさせて頂きます。
ここまでの記事を読んで少しでも【医療脱毛】にご興味がおありでしたら、当院のカウンセリングへ是非お越しくださいませ。

この記事の監修情報

VIVACE CLINIC

当院は医療レーザー脱毛専門院です。脱毛に関しての基礎知識をまとめておりますので、現在医療脱毛をお考えの方はご参考ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

地域別情報ページ