こども脱毛は医療レーザー脱毛

脱毛

こども脱毛の背景

こども脱毛の需要は2018年から2022年に掛けて、たった4年で1.5倍に上昇(Googleトレンドより)しております。
その理由としては様々考えられます。

  • 親御さんが脱毛経験がある世代
  • 欧米食中心になる事で成熟スピードが促進
  • SNSの普及により情報取得が容易
  • 脱毛サロンや脱毛クリニックが多数出展し、脱毛出来る機会が増加

など理由は様々あると思います。

特に親御様が脱毛経験者であるケースが増加してきており、自身の経験を元に、お子様が毛で悩む前に早めの対策を取りたいとお考えの方が多い傾向にあります。
お子様自身が気にしていない場合、無理に脱毛する必要はありません。しかしその反面、お子様がお悩みの場合は少しでも早く何とか解消したいと思うお気持ちの方も多いと思います。

こども脱毛の注意点

子供は成長期中、毛のサイクルが不安定

毛は、毛が生えて成長していく「成長期」、毛が弱り抜け落ちていく「退行期」、また毛が抜け落ちた状態を「休止期」と大きく分けて3つに分類でき、これらを毛周期といいます。
成長期の時期は毛が太くなる時期でもあり、大人になるために発達している段階です。
この時期は毛の生え変わる機能も発達段階であるため、毛周期が不安定である場合があります。
一般的な医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は成長期を狙って施術を行うため、毛周期が不安定な時期だと効果を実感しにくい場合もございます。

当院のレーザー脱毛機は子供にも最適

Ishater TriniTy(イシュタルトリニティ)

当院の脱毛機は3波長を搭載した脱毛機であり、子供の脱毛にも対応しております。
子供の毛は大人と比較し、まだまだ毛が細い傾向にあり、一般的な脱毛では効果を実感しにくい事が多いですが、
当院の脱毛機は「毛包」にも作用させる事が可能であるため、産毛のような細い毛にもアプローチする事が可能です。
また、お肌の色味に左右されにくいため、色黒さんにも対応しています。

更に、極めて痛みが少ない点も子供脱毛のポイントです。
脱毛は毛周期の関係上、1度では完了しないため、どうしても複数回来院する必要があります。
痛みに弱いお子様(特に小学生)の場合、それだけでも続ける事が困難かと思います。
当院では、お子様に合わせた出力で、且つ効果的脱毛を行いますので、ご安心ください(麻酔は使用しません)。

現在お子様が毛でお困りの場合は、お気軽にご相談ください。
和歌山院では子供のTeens脱毛を導入しておりますので、和歌山院をご希望される方は以下より詳細をご確認ください。

この記事の監修情報

VIVACE CLINIC

当院は医療レーザー脱毛専門院です。脱毛に関しての基礎知識をまとめておりますので、現在医療脱毛をお考えの方はご参考ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

地域別情報ページ