皮膚の中で毛が育つ?【埋没毛】になる原因を徹底解明!

脱毛

ムダ毛の自己処理を行っていく上で、「あれ?黒いポツポツしたのがあるな」と気になった事はありませんか?
その正体は、【埋没毛】かもしれません。
今回の記事では、その埋没毛について説明致します。

【埋没毛】って何?

埋没毛とは、傷跡の瘡蓋などが原因で毛穴がふさがってしまい、その中で毛が成長してしまったものの事を言います。
皮膚の表面に出てこないため、自己処理をするのが難しく、無理に抜こうとすると肌を傷つけてしまい、肌トラブルの原因になります。

埋没毛の中でも、

  • 〔皮膚の下でクルっと丸まっている〕
  • 〔黒くぷつぷつしたものが毛穴の中に見える〕

と、いくつかの種類があります。

【埋没毛】の原因は?

圧倒的に多いのが、『間違ったムダ毛の自己処理』が原因とされています。
例えば、皆さん誰もが1度は使用した事がある剃刀での処理です。
剃刀で剃る際に、一緒に皮膚も傷つけている事が多く、傷ついた場所にはカサブタができてしまい、毛穴がカサブタで覆われてしまいます。
次にピンセットなどで毛抜きをすると、肌の防御作用が働き、毛穴をふさいでしまうのです。
毛抜きと同様なことが起こるのが、ワックス脱毛です。
ワックス脱毛についても、毛を強制的に抜き取ることになるので、肌の防御作用が働くことになり、毛抜きと同じく埋没毛になりやすくなります。

どこの部位に【埋没毛】は出来やすいの?

埋没毛になりやすい箇所を以下にまとめます。

頻繁に自己処理を行っている部位

具体的には、『両脇・Vライン・脚・眉毛・腕』などがあげられます。
男性であれば、『鼻下・フェイスライン・顎・顎まわり』のどの部分も埋没毛になりやすいです。
毛剃りをしたり、抜いたりしている部位にはそれだけ負担がかかっています。
太くて濃い毛が生えている箇所は、どうしても自己処理をする回数が増えてしまうので、【埋没毛】になる可能性が高くなります。

毛が生える方向にバラつきがある部位

処理をする際に、毛の生える方向にバラつきがあると、剃刀などで逆剃りになり、剃れないからといって何度も剃ってしまうと深剃りとなってしまいます。
その結果、肌をより傷つけてしまう可能性が高くなります。

【埋没毛】になったら医療脱毛できないの?

ここまで読んでいただいた方なら、「じゃあ、埋没毛になったら脱毛出来ないの?」とご心配になるかと思います。
答えとしては『基本的に脱毛は可能です』。
レーザーを当てる事は可能ですが、【埋没毛】は皮膚の中で毛が成長してしまっている状態です。本来の脱毛であれば毛を短く剃って来なければなりません。
その処理が出来ないので、照射時には皮膚トラブルのリスクを避ける為に、【埋没毛】の箇所はレベルを下げて照射していきます。
そのことから、『脱毛効果を実感できるまでに時間と回数はかかってしまう』という事になります。
また、まれに【埋没毛】でも毛穴が赤く炎症している場合には、皮膚トラブル悪化の恐れがあるため、照射は出来かねます。
あの黒いポツポツみえている【埋没毛】、皮膚の中に取り残された【埋没毛】、
皆さんもこの機会に医療脱毛で、綺麗にしてみませんか?
この記事を読んで頂いて『医療脱毛』にご興味ある方は一度当院のカウンセリングを受けに、是非いらして下さい。

この記事の監修情報

VIVACE CLINIC

当院は医療レーザー脱毛専門院です。脱毛に関しての基礎知識をまとめておりますので、現在医療脱毛をお考えの方はご参考ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

地域別情報ページ