医療脱毛(レーザー脱毛)と脱毛サロン(光脱毛)の違いを今一度確認

脱毛

医療脱毛と脱毛サロンの違いを今一度確認

現在脱毛をお考えの方の中で、「医療脱毛と脱毛サロンって何?」と思われている方もいいるかもしれません。実は世の中の脱毛方法は大きく分けて2つに分類すると、「医療」か「サロン」になります。ではなぜ2種類存在いしているのか?それを以下で説明致します。

医療脱毛って何?

医療脱毛は読んで字のごとく、「医療機関が提供している脱毛サービス」という意味です。
医療機関で使用している脱毛機は「レーザー脱毛」と呼ばれる方法で、レーザー脱毛機は医療機器に該当します。
その為、こちらの脱毛方法を使用するには医師免許が必要になります。
また使用出来るものも、医師監修の元、医療従事者のみと制約があります。
レーザー光は直進性が強く、出力も高くなりやすいため、取り扱いには十分注意が必要になります。

脱毛サロン(光脱毛)って何?

脱毛サロンで使用している脱毛機は「光脱毛」と呼ばれ、こちらは医師免許は必要なくだれでも使用する事が可能です。
その為、一般的に開業されている脱毛サロンの方々に特別な免許はありません。
光は放射線状の光の広がりであるため、レーザーに比較し、出力は高くはありません。
その為、痛みが苦手な方や、そんなに濃くない方であれば光脱毛で十分な方も多くいます。

医療脱毛と脱毛サロンが共存している現状

脱毛をされたい方のニーズは過去5年間で横ばいとなっております(Googleトレンドより)。
反対に言うと、5年間もニーズが途絶えていないとも言えます。
つまり、脱毛はトレンド性が強いものではなく、習慣化してきている事が分かります。

この脱毛人口をフォローしていく上で、医療脱毛だけでは対応は不可能です。
医療機関の数はユーザーの数をフォローできるほどまだ体制は整っていません。
その中で、脱毛サロンと医療脱毛の2極が誕生し、今に至ります。

VIVACE CLINIC 情報

福山院
和歌山の方々へ

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

地域別情報ページ