永久脱毛は一生毛が生えてこない!?

脱毛

永久脱毛は一生毛が生えてこない!?

 永久脱毛と聞けば、「施術を受ければ、一生毛が生えてこない/ツルツルになる」というイメージを持っておられる方は多いと思います。
 しかし、実際には、「永久脱毛=永久に毛が生えてこない治療」とはならないのです。

では、永久脱毛とは一体どういうものなのか?

 日本スキン・エステティック協会(JSA)では「永久脱毛」の定義について以下のように述べております。
『永久脱毛とは、生涯に渡ってムダ毛の処理をしなくても済む状態のことをいいます。』
 これだけ聞いていると、「やっぱり永久に毛が生えてこないんじゃないの?」と一定数の方は思われるでしょう。
 また、除毛や減毛については、以下のように述べております。

『除毛・減毛とは、一定の期間のムダ毛の発毛を抑え、毛質を細くさせ、主に濃いムダ毛を減らすことをいいます。』

 除毛や減毛の定義と比べると永久脱毛の定義との違いは分かりやすいと思いますが、非常に抽象的な表現ゆえに理解が難しいですね。
 そこで、レーザー脱毛などテクノロジーを駆使した脱毛の先駆者であるアメリカが提唱している永久脱毛の定義について、みていきたいと思います。

これは、Food and Drug Administration(略称FDA, アメリカ食品医薬品局)の公式ページの『FDA FACT SHEET』の中から永久脱毛について述べられた部分を一部抜粋したものになります。

①”Permanent hair reduction is defined as the long-term, stable reduction in the number of hairs re-growing after a treatment regime, which may include several sessions.

②The number of hairs regrowing must be stable over time greater than the duration of the complete growth cycle of hair follicles, which varies from four to twelve months according to body location.

③Permanent hair reduction does not necessarily imply the elimination of all hairs in the treatment area.”

参考リンク(https://www.electrolysisnj.com/fda_laser_fact_sheet.html)

 それぞれみていきましょう。(分かりやすさを考慮し、意訳しております。)

  • ①永久脱毛は、いくつかの期間を設けた治療計画後に、再び成長した毛の数が長期的に安定して減少している状態のことを指します。
  • ②再成長する体毛の数は、身体の部位に応じて4〜12か月までと様々であるが、毛包の完全な成長サイクルの期間よりも長期にわたり安定している必要があります。
  • ③永久脱毛は、必ずしも治療(施術)領域における全ての毛の除去について示唆しているわけではありません。

 上記の①〜③を見て頂くと、JSAで提唱していた永久脱毛の定義の本質が見えてきたと思います。
 つまり、永久脱毛とは、毛を完全に無くすというよりは、ムダ毛の再生率を長期的に減少させる状態というふうに捉えて頂ければと思います。
 因みに、FDAから「永久脱毛」として唯一認められているものが、AEA(米国電気脱毛協会)の美容電気脱毛です。
 日本においては、永久脱毛といえる施術の種類として、ニードル脱毛が挙げられます。
 また、永久脱毛とうたえるのは、医療機関だけでサロンでは、あくまで脱毛といっても除毛や減毛に相当した意味合いになってきます。
 医療機関では、医療機関のみが高出力のレーザー照射機の使用を許可されているためレーザー治療においても、差別化を図ることができます。

(毛周期の背景と組み合わせるとより明確になりますが、)こうして全体を見渡すと、脱毛の施術回数をある程度設ける必要がある理由やサロンやクリニックに料金の差が生じる理由などもご理解して頂けると思います。

 サロンでは、永久脱毛とアピールすることは現状では不可能ですが、効果は勿論のこと安価かつ手軽に受けられることなどメリットも沢山あります。

VIVACE CLINIC 情報

福山院
和歌山の方々へ

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

地域別情報ページ