敏感肌や乾燥肌でも医療脱毛はできる?脱毛クリニックが徹底解説!!

脱毛

敏感肌

医療脱毛をする上で不安なことは沢山あると思いますが、敏感肌や乾燥肌などお肌トラブルがある場合脱毛は出来るの?と思われたことはありませんか?
今回は敏感肌や乾燥肌の方でも脱毛は出来るのかどうかをご説明致します。

脱毛できないお肌ってどんな状態?

敏感肌や乾燥肌の方でも脱毛をする事は可能ですが、お肌の状態によって脱毛ができない場合があります。

脱毛ができない肌状態

  • 肌がすでに炎症を起こしている
  • どこかしらが出血をしている
  • 痛みやひりつき、赤みが酷い
  • キズやアザがある

これらの症状がある場合、肌トラブルを生じたり、さらに酷くなる場合もあるため、医療脱毛は受けることが出来ません。
このような場合一旦症状が落ち着くまでは施術を行なわないようにする事が大切です。

また、お肌状態がよくても施術後に肌トラブルが起きてしまう可能性もゼロではないので、万が一のことを考えて医療従事者のいる医療機関で医療脱毛を受けることをおすすめします。

肌トラブルがある方は特に気をご注意を

夏季で薄着になったり、人前に出るためにお肌をキレイに保つ必要がある以上、お家で簡単にできるカミソリや毛抜きで自己処理をされる方は少なくありません。
ですが、その自己処理のせいで逆に肌トラブルが増えた方も多くいるでしょう。

実は、敏感肌や乾燥肌の方だからこそ自己処理はしない方がいいのです。
なぜ?と思う方もいらっしゃると思うので解説致します。

カミソリ

カミソリを使ってムダ毛処理をされる方は多くいると思いますが、カミソリで自己処理をする事で体毛だけでなく皮膚の角質も削られていくのでお肌を傷つけてしまう可能性があります。
そのせいで乾燥肌増長してしまったり、赤みが出てしまう事もあります。
また、お肌を傷つけてしまうことで角質層が厚くなり、かさぶた状に毛穴を塞いでしまうため、新しい毛が出てこれない状態になってしまう可能性があります。
これは「埋没毛」と呼びます。

「脱毛と埋没毛の関係」に関しては以下で詳しく解説しております。
皮膚の中で毛が育つ?【埋没毛】になる原因を徹底解明!

毛抜き

毛抜きなら肌を傷つける事なく処理できるのでは?と思う方もいると思います。。
実は毛抜きもお肌にダメージを与える自己処理方法の一つです。。
毛抜きは毛穴を無理やり広げながら毛を抜いていくので、毛穴が傷ついていきます。
そして、広がった毛穴から細菌が入り赤いブツブツができてしまう事が懸念されるため、こちらも炎症を起こしてしまう原因になります。

このようにカミソリや毛抜きで自己処理を行う事でどんなに気をつけていても肌トラブルを引き起こしてしまうことがあり、敏感肌・乾燥肌の方はお肌問題を抱えていない方よりもこのリスクは高くなります。

「脱毛と毛抜きの関係」に関しては以下で詳しく解説しております。
その行為、実は危険?【ヒゲを毛抜きで処理】するメリット・デメリットを解説

敏感肌・乾燥肌の方には特に医療脱毛がおすすめ

医療脱毛をおすすめする理由としては、医療資格を持っている医師や看護師が施術を行う医療機関が行うからです。
万が一、施術中や施術後に肌トラブルが起きたとしても、すぐ診察ができたりアフターケアが受けられます。。
お肌が弱い方でもアフターケアでお薬を処方してもらえるので安心して施術を受けることができます。
エステサロンの場合、医療従事者でなくても施術を行うことが出来るため、肌トラブルが出たとしてもすぐ対応することが出来ません。
その為、敏感肌や乾燥肌などお肌に不安を持っている方は医療脱毛がよりおすすめと言えます。

施術後、敏感肌や乾燥肌がしてほしいケア方法

敏感肌や乾燥肌の方は医療脱毛後に起こる肌トラブルのリスクは出来るだけ避けたいと思われるはずです。
そのためにも、脱毛施術後のケアはとでも大事になってきます。

冷却と保湿

まず1番大事なのは冷却と保湿です。
医療脱毛後のお肌は熱を持っている状態ですので、しっかりとお肌を冷やし保湿をしましょう。
冷却や保湿をしないことによって、肌にダメージを与えてしまったり乾燥肌や敏感肌が悪化してしまったりと、肌トラブルのリスクが上がってしまいます。
その為、しっかりと保湿をしてお肌の状態を整えていく事が大事になってきます。
お肌の状態を整えることでトラブルを防ぐだけでなく、脱毛効果を高める事に繋がってきます。

「脱毛と保湿の関係」に関しては以下で詳しく解説しております。
脱毛後の保湿は絶対条件!?<アフターケアー方法>ご紹介

日焼け対策

医療脱毛を行なった後は、日焼けの状態と同じですのでお肌にヒリつきがあったり痛みを感じたりすることもあります。
ですので、医療脱毛をした箇所は日焼けをしないように気をつけなければなりません。
ただし、医療脱毛をする当日に日焼け止めを塗ってしまうと火傷の原因になってしまったりと別の肌トラブルを引き起こしてしまうので、施術前や当日は、日傘や長袖などで日焼け対策をしましょう。
そして、施術の次の日からはお肌の様子を見ながらしっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。

体を温める行為はNG

保湿や日焼け対策も大事ですが、飲酒や入浴、激しい運動、岩盤浴やサウナ等の体を温める行為は避けるようにしましょう。
体の血行がよくなり汗をかくことによってお肌の刺激に繋がってきます。
ですので、肌トラブルを起こさないためにも医療脱毛後2・3日は特に気をつけましょう。

肌のことでお困りの際は当院の方へお越しください

これまで敏感肌や乾燥肌などお肌に不安のある方についてお話してきましたが、医療脱毛を検討中の方はまずカウンセリングを受けてみてはいかがてしょうか?
カウンセリングの際に医師の診察もあるので不安な事や気になる事を話すことでその不安も解消できるでしょう。
当院でのカウンセリングは無料で受けることが出来るのでまずカウンセリングを受けてみて医療脱毛を検討してみることをおすすめします。

「脱毛と日焼けの関係」に関しては以下で詳しく解説しております。
日焼けすると脱毛出来ない理由

この記事の監修情報

VIVACE CLINIC

当院は医療レーザー脱毛専門院です。脱毛に関しての基礎知識をまとめておりますので、現在医療脱毛をお考えの方はご参考ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

地域別情報ページ