これから医療脱毛に行く方必見!当日の服装や髪型を解説

脱毛

脱毛と服装

脱毛を受けに行く際、どのような服装髪型で行けば良いのか悩まれた事はありませんか?
脱毛前に悩まれないように、今回詳しく解説していきます。

脱毛施術当日の服装について

施術当日の服装は基本的に何を着てご来院頂いても大丈夫です。
当院に着いてからは当院側で用意したものに着替えていただきます。
それでもどのような服を着ていけばいいのか、難しいと思いますのでまとめていきます。

上下が分かれている服

脱ぎ着がしやすいのはもちろんのこと、脱毛を受ける場所によってはとても便利です。
クリニックでは、基本的に着替えが用意されていますが、万が一用意が間に合っていない場合全て脱いで頂かないといけなくなります。
そういった手間を省くために、上下が分かれている服をおすすめします。

脱ぎ着しやすい服

クリニックでは、限られた時間で施術を行う所が多いので出来るだけ早く着替えれるような脱ぎ着しやすい服装で行くことをおすすめします。

柔らかい素材の服

脱毛を受けたあとのお肌はとても敏感な状態になっており、レーザーを当てられたお肌は熱によるダメージを受けて、軽い火傷のような状態になっています。
そのため、お肌に刺激を与えるような硬めの素材の服を着てしまうと更に刺激を与えてしまい肌トラブルの原因になってしまう可能性があるため、出来るだけお肌に優しい天然素材の服を着るようにしましょう。

通気性の良い服

熱によるダメージを受けたお肌は敏感なため、服で蒸れてしまっただけでもお肌の刺激になってしまいます。
そのため夏は特に、汗をかいてお肌への刺激を増やさないように通気性のいいものを着るようにしましょう。
冬場は、ヒートテックを着る方多いと思いますが通気性はいいですが、水分を吸収してしまうため、お肌が乾燥してしまう恐れがあり脱毛後の乾燥はお肌に大きな負担をかけてしまいます。

お肌の露出が少ない服

日焼けをしてしまうと施術を受けられない可能性がありますので、露出の少ない服を着て紫外線対策をしっかりしましょう。
冬場でも紫外線はあるので十分注意してください。
夏も暑いとは思いますが、脱毛期間だけでも長袖を極力着るようにしましょう。
施術後のお肌に紫外線を当てるとそれだけで肌トラブルが起こります。
また、レーザーは黒いところに反応するので日焼けをしてしまうと毛穴に上手く熱をうまく届けることが出来ず脱毛効果が下がりますし、肌トラブルにもつながります。

部位別のおすすめな服装

脱毛の施術を受けようとする部位によっても、おすすめの服装は変わってきますので、以下をご参考くださいませ。

  • 顔脱毛・・・前開きの服
  • 脇脱毛・・・上半身が脱ぎやすい服
  • VIO脱毛・・・ふんわりとしたスカート(ズボンですと下半身が丸見えになってしまうため)
  • 太ももや膝下・・・足が見えやすい服

脱毛施術当日の髪型について

脱毛する際に服装の他髪型やアクセサリーにも注意が必要です。

  • 髪の毛はお団子やポニーテールなどは避ける
  • ワックスをつけたり解くのが難しいような髪型(編み込みなど)は控える。
  • アクセサリーは付け外しに時間がかかったり、ロッカーでなくしてしまう可能性があるため極力つけない。
    クリニック内にはパウダールームがございますので、ご利用の際はお気軽にスタッフまでお声がけくださいませ。

スムーズに施術が行える髪型や服装で効率的に医療脱毛を

基本的にはどのような服装や髪型でもご来院は可能ですが、上記で述べてきました服装や髪型であれば、スムーズに施術を受けていただけるので予約枠内での時間を有効的にしっかり照射することができます。
通院の際に、ご不明点などがございましたら遠慮なくお尋ねくださいね。

この記事の監修情報

VIVACE CLINIC

当院は医療レーザー脱毛専門院です。脱毛に関しての基礎知識をまとめておりますので、現在医療脱毛をお考えの方はご参考ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

地域別情報ページ