アンダーヘアが長い時の自己処理方法は?

脱毛

アンダーヘアと脱毛

 普段お身体の毛の処理は行うと思いますが、アンダーヘアは自己処理されますか?
 アンダーヘアは自己処理するのが難しい場所になっており、カミソリ負けや生え始めた時のチクチク感・かゆみが出やすくなっているため普段からは処理しない方がほとんどだと思います。
 そのため、「アンダーヘアが長くて処理したいけど…」と困っている方は脱毛することがおすすめです。
 その場合の自己処理方法や脱毛についてのお話を今から解説していきます。

アンダーヘアの自己処理でのデメリット

 アンダーヘアを自己処理することによってのデメリットをお話していきます。

肌トラブルが起きてしまう可能性がある

 身体の中でお肌が弱く敏感になっている部位はアンダーヘア・デリケートゾーンですので毛を無理やり抜いてしまったり、カミソリで剃り刺激を与えることで肌トラブルが起きてしまう可能性があります。
 また、頻繁にカミソリで刺激を与えることで色素沈着になり黒ずんでしまったり赤みが出たり乾燥でカサついたりすることも多々あります。
 そのため、カミソリなどを使った後はしっかり保湿するなどのアフターケアをする事が大事になってきます。

見えにくい部分の自己処理が難しい

デリケートゾーンはムダ毛が伸びすぎていると、経血や排泄物が付きやすくなり衛生環境が悪くなりやすいためIラインやOラインを剃った際に傷が出来てしまうとそこから雑菌が入り炎症を起こすリスクがあります。
 Vラインは自分の目で確認できるため自己処理しやすいですが、IラインとOラインは自分の目で確認しにくいため刃で皮膚を切らないように注意しましょう。

アンダーヘアを脱毛した時のメリット

 アンダーヘアを脱毛するとどのようなメリットがあるのかお話していきます。

ニオイやムレを予防することができる

 アンダーヘアを脱毛することでデリケートゾーンを清潔に保つことができムレを抑えることができます。
 ムレがなくなることで生理中の不快感も軽くなったりしますし、お肌が弱く敏感な部分を守ることにも繋がってきます。

自己処理による肌トラブルが減る

 脱毛をすることできれいに仕上がるだけでなく自己処理も減っていくため、お肌を傷つけてしまうリスクは少なくなります。
 また、自己処理する回数も減るため処理に使う時間が減ります。

まとめ

 アンダーヘアは処理していてもすぐに長くなってしまうため、お肌を傷つけてしまうリスクがありますし手間がかかり自己処理に時間を取られてしまいます。
 毛が伸びてしまった状態だと、蒸れやすくなったりニオイが出たり、かゆみが出ることも少なくはないです。
 肌トラブルや自己処理の時間をなくしたいと思われている方は、脱毛してみることをおすすめします。
 デリケートゾーンで悩まれている方は1度カウンセリングに来てみてください。

この記事の監修情報

VIVACE CLINIC

当院は医療レーザー脱毛専門院です。脱毛に関しての基礎知識をまとめておりますので、現在医療脱毛をお考えの方はご参考ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

地域別情報ページ